1. ホーム
  2. スキンケア品
  3. ≫敏感肌の日焼け止めはどうしたらいいの?

敏感肌の日焼け止めはどうしたらいいの?

敏感肌の日焼け止め

ちょっとしたことが原因で肌荒れが起きてしまう敏感肌の方は、日焼けはしたくないけど日焼け止めで肌荒れしないか不安ですよね。ここでは敏感肌の人の日焼け止めの選び方を紹介したいと思います。

まずは“紫外線散乱剤”がノンケミカル処方で配合されているものを選びましょう。
日焼け止めの成分には紫外線を物理的な力ではじく「紫外線散乱剤」と、吸収した紫外線を別エネルギーに変えて放出する「紫外線吸収剤」の2種類があり、紫外線吸収剤は刺激を感じやすく肌に負担をかける可能性があります。

一方で紫外線散乱剤は低刺激のため、敏感肌の人におすすめです。
商品には「紫外線吸収剤フリー」「紫外線吸収剤不使用」
「ノンケミカル処方」と記載されている場合もあるので一度チェックしてみてくださいね。

次にSPFとPAの高さの選び方です。SPFは紫外線UV-Bから守ってくれ、
1SPFが20分となります。数字が増えるごとに長時間紫外線から守ってくれます。

PAは紫外線UV-Aによる日焼けから肌を守ります。
こちらも「+」の表記が多いほど効果は強いです。
ですがこの2つが高い日焼け止めは肌に負担がかかりやすく、
敏感肌の人の普段使いには向きません。

状況に合わせたSPFとPA値の日焼け止めを使い、時にはサングラスや
帽子などの紫外線カットアイテムも併用しながら紫外線から肌を守りましょう。

最後は配合されている成分についてです。
上記で説明した紫外線吸収剤やSPF・PA値の他にもパラベン・
石油系界面活性剤・アルコールなどは肌に刺激を与えるので避けた方が良いでしょう。
無香料・無着色・アルコールフリー・防腐剤フリー・無鉱物油・
石油系界面活性剤フリーといった肌に優しい低刺激な成分を選んでくださいね。

以上の3点を満たす顔用の日焼け止めの中でもクチコミでの評判が良いものを
厳選して紹介していきます。

1つめは、「ノブUVミルクEX」です。
お湯でも落とせるほ軽い着け心地で、敏感肌の方だけでなく
小さい子どもも使えるので安心して使うことができますね。

紫外線吸収剤を不使用の場合、クリームを塗った時に白く残ってしまうことが
デメリットでしたが、このUVミルクEXはジェルのようなみずみずしい使用感で
白くなりにくいのが嬉しいですね。

ノブは臨床皮膚医学に基づいたスキンケア・コスメブランドとして定評があるので、
アトピーの人からも支持されています。

2つめは「POLAホワイティシモUVブロックミルキーフルイド」です。
3D-UVカットベールを配合し、少量でも紫外線を通しにくくなっていることで、
紫外線散乱の配合量を40%カットしてみずみずしい着け心地を実現しています。

また、紫外線対策をしながら肌に美容成分を届けていきます。
こちらも国内最大級の化粧品ブランドなので、紫外線を防ぎながら
美肌効果にも期待できますね。

このように敏感肌の人でも使いやすい商品が沢山でていますので、
まずは自分のお肌に合うか試してみて下さい。
また、もし日焼けしてしまった場合はその後のケアが重要になってきます。

日焼け後の肌はヤケドしたのと同じ状態になっています。
なので冷やす・保湿を早急に行い、できるだけダメージが残らないように
していきましょう。

シェアしてね!