1. ホーム
  2. スキンケア品
  3. ≫一般的な基礎化粧品の使用期限は?

一般的な基礎化粧品の使用期限は?

基礎化粧品の使用期限

基礎化粧品の使用期限が気になる方も多いとおもいますが、
食品に消費期限があるように、基礎化粧品にも使用期限はあります。

薬事法によると、使用期限とは「最終包装製品の携帯で通常の流通下の保存条件で保存される場合、成分の含有量・性状・品質を保証できる期限」のこと。

化粧品であれば、『使用期限内にできれば使いきってください』という目安です。

一般的な基礎化粧品の使用期限ですが、メーカーや化粧品の
種類によっても異なりますが、封を開けていない未開封のものであれば
だいたい3年、開封したものであれば半年を目安にしてください。

これ以上を超すならば絶対に使ってはいけないということではないですが、
成分中に含まれる有効成分が変化し、製品の状態が正常に効果せず、
肌トラブルのもととなる場合がありますので、できれば上記の期限内で
使いきることをオススメします。

化粧品は酸化が進みます。
空気に触れることによって酸化が進むので、
開封済みのものはより一層酸化して、劣化していくということになります。

直射日光や高温多雨などの保存条件が悪いと酸化は
さらに早いスピードで進みますので注意が必要です。

また、一度開封して手に取った化粧品の中に手の雑菌が入り込み、
雑菌が繁殖してしまっているケースもあります。

やはり開封済みの化粧品は半年以内に使いきってしまうのが無難でしょう。
一年以上経ったものは廃棄したほうが良いと思われます。

一番良い方法としては、そのシーズンに買った化粧品は
シーズン中に使いきってしまうこと。

化粧品のボトルに直接、開封した日付を記入すると分かりやすいでしょう。
あとは、製造日や製造年月日が印字されているものは、
それらを参考にしても良いと思います。

化粧品の保存方法ですが、「低温の冷蔵庫にしまっておいたらいいのでは?」
と思う方もいるでしょうが、夏場などは特に出し入れした時の温度変化が
激しいのであまりオススメできません。

手作りの化粧品の場合は冷蔵庫での保存を勧めているものもあるので、
そういう時はそちらの表示に従ってください。

使用期限もきちんと尊守することが美容のための確実な一歩ですよ!

シェアしてね!