1. ホーム
  2. スキンケア品
  3. ≫基礎化粧品を選ぶときに気をつけること

基礎化粧品を選ぶときに気をつけること

基礎化粧品を選ぶときに気をつけること

化粧品に含まれる添加物は全てが体(肌)に悪いということではありません。
そもそも、添加物が配合されていなければ商品としては成り立ちません。
それは基礎化粧品についても同じことが言えます。

例えば、防腐剤。文字通り、商品(今回は化粧品)が腐らないようにするための添加物です。

防腐剤が入っていないと、長持ちしない化粧品だったり、
使っていくうちに状態が変化してしまうのです。

多量に含まれる場合は食品と同じで良くないことは確かですが、
必要量あるいはごう少量でしたら問題ありません。

商品として販売されているわけですから、それはつまり日本政府が
販売の許可を出しているということ。

海外メーカーの一部品など、認めていない成分が使われている基礎化粧品は
日本では販売はできません。ですので、全てが悪というわけでもありません。

ただ、注意しなくてはならないのは、「自分のお肌に悪い影響を与える成分が含まれているもの」。

肌タイプによっても異なりますが、よく言われているのは、
敏感肌やニキビにお悩みの方はアルコール(フェノキシエタノール)が使われている
化粧水・乳液はあまりお肌に良くありません、というもの。

アルコールの蒸発作用が肌を刺激してしまい乾燥(バリア機能を壊す)、
結果的に症状を悪化させてしまうからです。

他にも、無添加化粧品だと合成界面活性剤不使用などと
成分表示に書かれている商品もあります。

合成界面活性剤とは、食器洗剤に使われているものと同じです。
あとは、ラウリル硫酸は劇物として有名で最近悪影響が懸念されているそうですが、
化粧品に使われているものも…。

いろいろ書いていると「どれも使えないじゃん…!」となってしまうでしょうが、
実際、どこで妥協するかというラインの見極めが大切になってきます。

どのポイントを重視するか?自分は何の肌トラブルに悩んでいるのか?
外せない箇所は?などなど、自分のお肌とよく相談してください。
そして、購入する時は必ず成分表示をチェックするようにしましょう!

シェアしてね!