1. ホーム
  2. スキンケア品
  3. ≫大人ニキビになる原因

大人ニキビになる原因

078

口周りやあごなどにできる大人ニキビの原因は、主にストレスやホルモンバランスの乱れといわれているようです。
子供の頃、思春期にできるニキビとは少し違います。

思春期にできるニキビは、成長期に伴う皮脂分泌が盛んに行われるためにできます。
思春期(成長期)だとよく汗をかきますよね。

汗をかいた部分(毛穴)をきちんとキレイにしないと汚れが溜まって炎症を起こし、皮膚に常駐しているアクネ菌が増殖してニキビとなります。

一方、大人ニキビはストレスからくる肌の不調、と言ったほうが分かりやすいかもしれません。

食生活の乱れ、ストレス、喫煙、前髪が触れることで刺激となる、
シャンプー&コンディショナー・整髪料などからの外的刺激、
紫外線からの刺激…などなど、原因として考えられているものを挙げるとキリがありません。
今挙げたもの全てが原因となる、と考えてください。

対処法としては、一度「ラ・ミューテ」などのニキビケア用の化粧品を使いましょう。
ニキビケア専用の化粧品には皮膚の炎症を抑える効果があるので、
しっかりと使い続けることがポイントです。あとは保湿が重要となってきます。

「皮脂が多いからニキビができる」と考えている方の中には
意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
保湿はどんなケアにも重要となるんですよ。

ニキビケアでもそれは例外ではありません。
角質層までに届く保湿をして肌を潤すことにより、
ニキビができにくい肌質へ改善が見込めるので、保湿は必ず行うようにしましょう。

あとは、清潔にすることがイチバン!
これは思春期ニキビにも大人ニキビにも言えることですが、
毛穴に汚れが残っていると良くありません。

メイクはしっかり落とす、洗顔は念入りに、かつやさしく洗うようにするなどして、
ニキビケアをしていきましょう。

大人ニキビは一度治療したとしても繰り返すことが多く、
完治するまでには時間がかかるようです。
もし、ニキビケア用の化粧品を使っても症状が軽くならない場合は、
迷わず皮膚科を受診するようにしましょう。