1. ホーム
  2. スキンケア品
  3. ≫大人ニキビと青春ニキビとの違い

大人ニキビと青春ニキビとの違い

081

大人ニキビができる原因と青春ニキビができる原因、それぞれ違うことをご存知ですか?

思春期にできるニキビは、10代前半~後半にかけてできるニキビのことです。
おでこやこめかみ辺りにニキビが出るのが特徴です。

成長期は皮脂の分泌が盛んであり、皮脂が過剰に分泌されて毛穴に汚れが溜まり、毛穴が炎症(アクネ菌の増殖)を起こすことでニキビができやすい原因となります。

ですので、きちんとしたニキビケアをしてあげることで解消されるでしょう。
例えば、洗顔はニキビ肌専用のものを使う・メイクはできれば控える・
汗をかいたらすぐに拭くなど皮膚を清潔な状態に保つ、などです。

10代のころのお肌は敏感で繊細なので、
あまり刺激を与えないようにするのが良いと思います。

思春期ニキビは年齢を重ねホルモンバランスが整ってくると
自然と治るものですが、20歳ごろになっても
ニキビが解消されない・消えないという場合は、
「大人ニキビを疑ったほうがいいでしょう。

大人にきびの場合、アゴや口周りに出るのが特徴です。

また、大人ニキビの原因にはさまざまなものがあり、とても複雑です。
思春期ニキビと同じく皮脂の分泌過多をはじめ、ストレス、生理不順や
生活習慣、食生活、エアコンからの刺激、シャンプーや整髪料からの刺激、
喫煙、紫外線…などなど、挙げればキリがありません。

たくさんの原因から、大人ニキビは治りにくいといわれています。
繰り返すうちに跡になってしまい、クレーターができて
お肌がデコボコになってしまいます。これではメイクも上手くできませんし、
ニキビ跡を隠そうとするあまり厚塗りになってしまい、肌荒れの原因にもなってきます。

大人ニキビを誤魔化す・目立たなくする方法にはたくさんありますが、
まずはニキビを無くしてキレイな肌を手に入れることを第一に考え、
根本から解決していきましょう。

大人ニキビの解消方法ですが、先ほども言った生活習慣や
食生活の乱れなどが原因のひとつでもあるので、
これらを改善していくことが確実な第一歩。あとは、
ニキビケア専用のスキンケア用品を使うなどして、予防対策をしていきましょう!

シェアしてね!