1. ホーム
  2. 基礎化粧品の選び方
  3. ≫30代女性の基礎化粧品の選び方ポイント

30代女性の基礎化粧品の選び方ポイント

30代女性の基礎化粧品の選び方ポイント

30代はお肌の衰えが気になりだしますよね。疲れが顔に出やすくなったり、目元や口元にしわやたるみが出てくる人もいるでしょう。

クチコミなどでも人気のアスタリフトやディセンシアアヤナスもエイジングケア化粧品として有名ですが自分の悩みに合うかわからない・・・。

だからこそ、基礎化粧品を選ぶときは自分の悩みに合った成分が入っているか確認するようにしてください。

女性の肌は20代で皮脂分泌量のピークを迎え、
そこからは減少傾向にあります。

なので30代になると乾燥が気になる人が多いようです。
しかし乾燥は効果的な成分取り入れると比較的簡単に潤いが取り戻せます。

セラミド、ヒアルロン酸は保湿力が高く、化粧水や乳液で
積極的に取り入れていきたい成分です。

シミ対策には美白成分が効果を発揮します。
できてしまったシミを薄くするビタミンC誘導体やハイドロキノン、
シミを予防するアルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキスを美容液や
保湿クリームなどで両方上手に取り入れていくようにしましょう。

30代になるとお肌のコラーゲンやエラスチンの減少でシワができやすくなります。
食べ物でコラーゲンを摂取してもお肌のコラーゲンの増加には
つながりにくいと言われているので、スキンケアでコラーゲン生成に
効果的な成分を取り入れましょう。

その成分とは繊維芽細胞に働きかけるレチノールと
多彩な美肌効果をもつビタミンC誘導体です。
ただしレチノールは少し刺激が強いので敏感肌の人は気を付けて下さいね。

ターンオーバー(新陳代謝)の乱れがくすみの原因になります。
古い角質を取り除き新陳代謝を促してくれるAHAを配合している
洗顔石鹸を取り入れていくようにしましょう。

このようにお肌の悩みに合わせて効果的な成分を使い分けていくことが、
30代からの賢い基礎化粧品の選び方です。

色んなトライアルやサンプルを試して、自分に合ったエイジングケアを探し、
いつまでも若々しくいたいですね。