1. ホーム
  2. 基礎化粧品の選び方
  3. ≫エイジングケアの有効成分とは?

エイジングケアの有効成分とは?

エイジングケアの有効成分

エイジングケアに有効な成分とはなんでしょうか。

答えは「コラーゲン」!

コラーゲンはタンパク質の一種であり、潤いの元です。

特に肌においては、ハリや弾力性を保つための土台となる細胞です。
コラーゲンは体中に含まれており、骨や間接、
髪などの至るところに存在していて、体全体のタンパク質の約30%が
コラーゲンとも言われています。

ですがこのコラーゲン、年齢を重ねるにつれ、
30歳を過ぎたあたりから体内での生成力が弱まってくるとのこと。

コラーゲンの減少は肌の衰えや血管の弾力性の低下などに深く関係しているので、
年をとると肌にハリがなくなったり、関節が痛くなったりするのは
体内のコラーゲンが不足しているせいなのです。

こうなってしまうと、外部からコラーゲンの補給をしてやらないと、
肌はどんどん老化していてしまいます。

お肌に直接コラーゲンを浸透させるには、
エイジングケア専用の化粧品を使うと良いでしょう。

中でも、水分を保持する性質を持つ「ヒアルロン酸」や、
お肌の乾燥を防いでくれる保湿効果を持つ「セラミド」、
美肌に作用してくれる「ビタミンC誘導対」が一緒に配合されたものを
使うのがポイントです。

コラーゲンに加え、これらの美容成分を肌に同時に吸収させることで、
より一層の美肌効果が期待できます。

選ぶときは天然由来の成分を抽出した化粧品を選びましょう。
化学合成された成分は逆にお肌に悪いこともありますので、
ヒトの細胞に近い構造をした成分を含む化粧品が良いでしょう。

コラーゲンはサプリメントでも摂取することが可能です。
コラーゲンには色々な種類があり、それぞれの原材料によって
味や匂いが異なりますが、魚由来のコラーゲンが特にオススメ。

それと、コラーゲンの分子が大きいと摂取されにくいので、
分子の細かいものを選ぶと良いですよ。

サプリはビタミンCと一緒に摂ると効果的だそうなので、
ビタミンC入りの美容ドリンクと一緒に飲むといいかもしれませんね。