1. ホーム
  2. 基礎化粧品の選び方
  3. ≫無添加の化粧品ってどんなモノ?

無添加の化粧品ってどんなモノ?

無添加の化粧品

そもそも、無添加の化粧品とはどういったものを指すのでしょうか?

無添加とは、ある添加物を含まないということ。
添加物をまったく使っていない、ということと同意ではありません。

無添加と書かれているとついつい良いイメージを抱きがちですが、全ての添加物が無添加であれば化粧水にする意味はありませんし何にも有効ではないので、それだと商品ではなくなってしまいます。

では、肌に良い無添加化粧品とはどんなものでしょうか?
最近では「自然派化粧品」や「無添加化粧品」などとうたっている商品がありますが、
あなたの肌の状態や体質によって添加物が無添加だと良い化粧品は異なってきます。

どんなものがいいか分からないという人は以下の基準を参考に判断してみてくださいね。

①着色料無添加
化粧品で着色料が使われるのは商品の見た目を良くするためです。特に気をつけるべきなのは「タール」という合成着色料。アレルギーを引き起こす可能性が高いため、現在化粧品にはほとんど使われていないそうですが、破格の値段で売っている商品などは気をつけたほうが良いかもしれません。


②エタノール無添加
エタノールには消毒作用があり、化粧品に配合されていることが多い物質です。消毒作用が高いということは当然使った時に肌に対して刺激を与えるということ。エタノールが入っていると、ニキビなどでお悩みの方には不向きかもしれません。


③石油系界面活性剤無添加
合成・石油系の界面活性剤は、タンパク質の細胞を壊してしまう力を持っています。肌にも当然タンパク質は含まれていますので、合成・石油系界面活性剤は肌に良くないのです。ファンデーションなどにも使われています。ですが、界面活性剤すべてが悪いというわけではないです。最近では植物などから抽出した自然由来の成分を使った化粧品が多く安心できますね。なるべく自然由来の界面活性剤が配合されたものを使いましょう。


このように、一口に無添加と言ってもいろいろな無添加の条件があります。
よく成分表示を確かめてから購入するようにしましょう。