1. ホーム
  2. 基礎化粧品の選び方
  3. ≫基礎化粧品を使う時期

基礎化粧品を使う時期

基礎化粧品を使う時期

 

基礎化粧品を使う時期に年齢差はありません。

具体的に何歳から使ったらいいか、というのは人それぞれ異なりますが、「気になった時が始めどき」。

ニキビや乾燥、シミ・シワなどお肌の悩みが出てきたら、あなたの年代やその悩みに合ったスキンケアをしていきましょう。

逆に、絶対に何歳以上しか化粧品は使っちゃダメ、ということもありません。

メイクをするという人はスキンケアにも力を入れましょう。
メイクをするということは肌に負担をかけているということと同じですので、
特にクレンジング・洗顔は丁寧にしておいたほうが良いと思います。

15歳~18歳くらいの若いうちは肌の新陳代謝が活発なので、
ニキビが出来やすいことも多く、汗もかきますし皮脂の生まれ変わりも早いため、
より丁寧に洗顔をしておいたほうがベストです。

メイクをするならば洗顔を丁寧にするのは尚更ですが、
メイクしないという若い人は日焼け止め対策だけは万全にしておいたほうが、
年齢を重ねてから「あの時ちゃんとケアしておけばよかった…!」と後悔しないで済みます。
これは実体験ですので参考までに(笑)。

基礎化粧品を使う上で年齢関係なしに一番大事なのは「保湿」!
これで後々のお肌の状態が決まると言っても過言じゃありません…
水分を多く含む肌というのは外的・内的関わらずダメージに強い健康な肌となります。

乾燥すると敏感肌になり、また乾燥を繰り返して…と、
どんどんお肌の状態が悪くなっていってしまうので、保湿は本当に重要です。

どんな化粧品を使おうか迷ったときは、「ちゃんと保湿できる化粧品か?」
ということにポイントを置いて選ぶのもひとつの手です。

アンチエイジングを目的としたエイジングケアの場合は、
美白やシミ・シワ対策に力を入れている化粧品がオススメです。

ただ、子供の場合は皮膚が薄く肌が敏感でもありますので、
メイクは控え、洗顔は石鹸を使うようにしたほうが良いでしょう。
洗う時は泡立てて、優しく洗うようにしましょう。