1. ホーム
  2. お肌のお悩み
  3. ≫オイリー肌のメイク方法で気をつけることは?

オイリー肌のメイク方法で気をつけることは?

オイリー肌のメイク方法

オイリー肌(脂性肌)で悩んでいる人の多くが、メイクが崩れしやすいという声を多く聞きます。

メイク崩れの原因は、皮脂の過剰分泌です。
過剰に分泌された皮脂が化粧品の油分と混ざるとあっという間に崩れてしまいます。

では、どうやったら1日化粧崩れ知らずのメイクができるのでしょうか。

まず基本となるのがベースメイクです。これで仕上がりが大きく変わってきます。
初めに土台となる素肌をしっかりと整えておきます。

洗顔後、化粧水でたっぷり水分補給して、乳液や美容液で蓋をします。
しかし肌に油分が残ってしまうとメイク崩れの原因となるので、
べた付かないものを選ぶのがポイントです。

また、保湿後にティッシュで顔をおさえて油分をオフすると
さらに化粧ノリがよくなります。

次に日焼け止めを塗りますが、UV効果のある化粧下地の場合は省略します。
皮脂を吸着する効果のある化粧下地を塗り、その上からパウダーファンデを
額・鼻・両頬・あごにのせて中心から外に向かって薄く塗ってあげることで
マットな質感のお肌になります。

スポンジで塗る事で余分な油分を吸着してくれますよ。
リキッドやクリームタイプのファンデは油分が多く、
テカリやニキビの原因となるのでオイリー肌の人にはおすすめできません。

しかし最近は油性肌用のサラサラになるリキッドファンデも販売されているので、
それを使うのも良いですね。気になるシミやそばかすにはスティックタイプではなく、
パウダータイプのコンシーラーを使ってカバーすると良いでしょう。

メイク直しをする場合は、ティッシュで軽く押さえて余分な脂を取り、
ファンデがなくなっている所にパウダーファンデーションを再度薄く塗ります。
最後に全体にフェイスパウダーで押さえたらバッチリです。

オイリー肌の方でも、その日一日化粧崩れがないように
気をつけてメイクされている方も多いですね。

人前に出ることや、大切な方と会う機会がある場合は
特に気合を入れてメイク対策しましょう!