乾燥肌のニキビ対策におすすめの人気スキンケア

012
ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあります。成長ホルモンにより皮脂が過剰分泌されることによるってできる思春期ニキビに対し、ストレスや生活習慣の乱れや化粧品などの多岐にわたる原因でできてしまうのが大人ニキビです。

乾燥肌なのにニキビができてしまうのは意外なようですが、実は「乾燥しているから」にきびができるのです。乾燥することによって皮脂が過剰に分泌され、ターンオーバーが正常に行われなくなることで毛穴が詰まりやすくなることが、にきびの原因となっています。

さらに乾燥していることで免疫力が落ちて外的刺激にも弱い状態になり、細菌などによってもニキビになりやすくなっています。この乾燥やから来るにきびを改善するためには、洗顔をはじめとするスキンケアを見直す必要があります。

洗顔では、にきびの元となる汚れは取り除きつつ皮脂や潤いを奪いすぎないようにしなければなりません。ニキビがある時は特に刺激を抑えた洗顔料を選ぶのがおすすめです。朝はぬるま湯で洗うだけにして、夜はしっかりと泡だてた泡で優しく洗いましょう。

洗顔後はしっかりと保湿し、乾燥が気になる場合には乳液を薄くつけます。美容液だけで潤いが十分な場合には乳液やクリームは必要ありません。塗りすぎは毛穴を詰まらせることがあるので注意してください。

化粧水は、ターンオーバーを促進するビタミンC誘導体や、肌を修復するビタミンAが配合されているものを選ぶとニキビケアに効果的でしょう。「ノンエー石鹸」「ノブACアクティブ」「ルナメアAC」「ビーグレンニキビケアセット」など、低刺激でありながらできてしまったニキビのケアやニキビ予防に特化したスキンケア化粧品もあります。

乾燥肌の人は敏感肌であることも多いので、汚れや紫外線、摩擦などの刺激をなるべく与えないことが大切です。規則正しい生活をしながらターンオーバーの周期が規則正しく行われるようにしていくことが乾燥にきび対策の第一歩になりますよ。

関連記事

  1. ほうれい線を消す方法

  2. オイリー肌に最適な化粧水

  3. オイリー肌のメイク方法で気をつけることは?

  4. 背中ニキビを消すための化粧水やケア方法

  5. 乾燥肌のスキンケアと対策

  6. シミ・そばかすを隠すにはどうしたらいいの?