乾燥肌のスキンケアと対策

014
あなたは毎日スキンケアされていますか?
たとえば朝のスキンケアの1つである日焼け止めの選び方にも注意が必要です。

乾燥肌の人はSPF値とPA値が高すぎるものは、肌に過度な負担がかかってしまうため、余計に乾燥が進む恐れがあります。なので低い値のものを、乾燥肌に悩んでいる人は近年増えており、20代~40代の女性にその傾向が顕著に出ています。

秋冬の乾燥する季節だけでなく1年中乾燥するという悩みを持つ人も少なくありません。
乾燥肌の原因は食生活や生活習慣、ストレスなど多岐にわたりますが、
1番は間違ったスキンケアを続けてしまっていることにあります。
そもそも乾燥肌というのは角質層の水分が不足し皮脂量も少なくなる状態のことです。

そうなると肌のバリア機能が弱まり、紫外線やダニ・ハウスダストなどの外的刺激からも
刺激を受けやすくなりニキビやシミ・しわといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。
なので乾燥肌を改善するためには水分と油分の補給をしてしっかりと保湿し、
肌を守るバリア機能を回復させる必要があります。

クレンジングではメイクや汚れを肌に負担をかけずに落とすことのできる
クリーム・ジェルタイプのものがおすすめです。その後の洗顔は肌の油分を
落としすぎない肌に優しくシンプルなものが良いでしょう。

しっかりと泡立ててこすらず優しく洗い、
すすぎ残しがないようにすることがポイントです。

化粧水は水溶性の保湿成分(コラーゲン・ヒアルロン酸・天然保湿因子)が
配合されたものを使うことで、次に使う美容液やクリームの浸透を高めることができます。

美容液は凝縮された有効成分で乾燥肌対策に欠かせない保湿を
最も効果的に行ってくれます。

その中でも乾燥肌に効果があるのが「セラミド」が配合されている美容液です。
最後に乳液かクリームを必要に応じて塗ることで、肌の水分蒸発を防ぐことができます。

乾燥肌の場合は水分だけでなく油分も不足している場合が多いので、
ひどい乾燥肌のケアには乳液とクリームを併用して油分を補給すると良いでしょう。
こまめに塗りなおし紫外線を遮ることが必要不可欠となります。

このような日々のスキンケアで乾燥を改善して肌トラブルのない肌へ導くことができます。
毎日のお手入れを見直し理想的な美肌を手に入れてくださいね。

関連記事

  1. オイリー肌の洗顔はどうしたらいいの?

  2. 基礎化粧品の値段や使った時の効果

  3. オイリー肌に合うファンデーションの選び方

  4. あごニキビなど口周りにできたニキビを消す方法

  5. 背中ニキビを消すための化粧水やケア方法

  6. 基礎化粧品は何歳から使いはじめると良い?