オイリー肌の場合の乳液はどうしたらいい?

033

脂性肌の人は「さらにテカテカになるんじゃ・・・」「ニキビが悪化しそう」と乳液を避けることも多いようです。ですが同じオイリー肌でも乳液が必要な人と必要じゃない人に分かれます。

この違いは何なのでしょうか?

それはストレスや遺伝、思春期によるホルモン分泌の乱れなどが原因のオイリー肌の人か、バリア機能低下などによる乾燥が原因の≪隠れ乾燥肌≫によるオイリー肌かで決まります。

 前者のオイリー肌の場合は乳液は必要ありません。
このタイプの人が乳液を日常的につけると、ニキビが増えたり悪化したり、
毛穴が目立ってしまったりします。

特に思春期のホルモン分泌の乱れによるオイリー肌の場合は、
洗顔のし過ぎで乾燥肌のように勘違いしてしまい間違ったスキンケアを
している場合が多いようです。

そのまま間違ったスキンケアを続けていると、思春期が終わっても
オイリー肌のままといった事にもなりかねません。

「皮脂の役割をさせ、肌を守る」働きの乳液はつけず、洗いすぎに注意し、
しっかり(化粧水のみで)保湿することが重要です。

後者の隠れ乾燥肌の場合、肌のバリア機能が低下し、
それを補うために過剰に皮脂が分泌されてしまっている状態です。
なので洗顔をした後は化粧水だけでなく、乳液を使って肌の水分蒸発を防ぎ、
皮脂の代わりに肌を保護していく必要があります。

乳液は乾燥している部分にのみつけるだけで大丈夫です。
顔の一部だけが乾燥していても、それに体が反応して顔全体に皮脂を分泌してしまうので、
乾燥している部分の保湿をすれば同じように顔全体の皮脂を抑えることができ、
テカリが軽減されます。

このタイプの場合は正しいスキンケアにしたり、
生活習慣や食生活を改善するなど、乾燥肌を招いている原因を取り除くことで、
簡単に「オイリー肌」を改善することができる場合が多いんですよ。

一言で「オイリー肌」といっても、肌の状態は人それぞれで季節や
環境によっても大きく変わってきます。
なのでここで紹介した方法にとらわれず、
色々な方法を試して自分に合った方法を探してみて下さいね!

関連記事

  1. あごニキビなど口周りにできたニキビを消す方法

  2. 肌トラブル

    基礎化粧品で合わない場合の症状

  3. ほうれい線を消す方法

  4. 毛穴を隠すためのメイク対策

  5. 肌に優しい化粧品の選び方やポイント

  6. 化粧品トライアルセット資生堂の秘密