オイリー肌のニキビ対策はこうすればいい

034

オイリー肌の方は、普段ニキビに悩んでいることが多いですよね。そもそも脂性肌、オイリー肌とはどんな肌質なのでしょうか。

平たく言うと、皮脂が過剰に分泌されている状態のお肌のことで、原因は思春期のホルモンの乱れや生活習慣、食生活、遺伝、肌のバリア機能の低下など様々です。

皮脂が多いことによって、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすく、ニキビができるリスクも高くなっています。ニキビはアクネ菌という細菌が、お肌表面や毛穴に溜まった皮脂を栄養にして異常繁殖している状態のことをいます。

10代のニキビの事を「思春期ニキビ」といい、原因は成長ホルモンによるものが
ほとんどで、それ以降のニキビのことを「大人ニキビ」といい、原因は色々ですが、
治りにくいのが特徴です。

オイリー肌の人がニキビに悩んでいる場合、
肌状態にあったスキンケアを行うことが改善と予防の大きな一歩になります。

肌状態を改善するには洗顔が基本中の基本です。
しっかりと洗顔し皮脂を綺麗に落とすことが大切ですが、
ゴシゴシ強く擦ったり1日に何度も洗顔したりといったことは
逆効果になるので注意が必要です。

肌のバリア機能が低下しさらに皮脂が分泌されるからです。
洗顔料はよく泡立て、優しく洗いましょう。洗顔後も清潔なタオルで優しくふき取ります。

顔を洗った後は、オイリー肌であっても保湿はしっかりと行いましょう。
皮脂が多いから乾燥しないと思われがちですが、肌の内部は乾燥している
インナードライ状態になっている人も少なくないからです。

明らかな遺伝や思春期特有の脂性肌のタイプの人は化粧水のみ、
それ以外の人は化粧水と乾燥する部分のみ乳液や美容液で保湿を行います。

ニキビ肌用のスキンケア化粧品は数多く発売されていますが、
特に効果があるとされているのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCには皮脂分泌の抑制や毛穴の引き締め、活性酵素の働きを抑制する働きがあり、
皮膚科や美容外科でも取り入れられています。

他にも「グリチルリチン酸ジカリウム」「サリチル酸」「イオウ」が
ニキビケアに効果があると言われています。
このような成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

 このようにスキンケアを見直すことでニキビの改善だけでなく、
テカリや化粧崩れといったオイリー肌特有の肌トラブルも改善することが期待できます。
これを機会に生活習慣や食生活などももう一度見直してみて下さいね。

関連記事

  1. 敏感肌にあう化粧品の選び方

  2. 基礎化粧品は定期的に変えるほうがいいの?

  3. 毛穴を隠すためのメイク対策

  4. トライアルセット化粧品でポーチ付き商品はこれ!

  5. トライアルセット化粧品の無料サンプル

  6. 芸能人が使用・宣伝している基礎化粧品