基礎化粧品で合わない場合の症状

ここでは化粧品(基礎化粧品)が合わない時、一般的に肌からはどのようなサイン(症状)がでているのでしょうかみていきましょう。

激しくピリピリする
少しのヒリヒリは乾燥しているお肌に成分が浸透する場合にも起こりますが、過度にヒリヒリ、ピリピリする時は化粧品が合っていない場合が多いです。

肌が赤くなる

腫れてはいないけど赤みがある状態は化粧品が合っていない可能性が高いです。アルコールに弱い人がエタノールが入っている物を使用した時に赤くなることがあります。

赤い湿疹ができる

化粧品にかぶれている場合に起こります。こうなったら、まずは化粧品を洗い流しましょう。

ニキビができる

化粧品を変えてから一晩でニキビができた、という場合は化粧品が原因の可能性があります。一部にだけニキビができた時はその可能性が高いと考えられます。

腫れる
目元や口元などの粘膜近くの弱い部分が腫れたときは化粧品が合っていないサインです。


かゆい

かゆみが出てボリボリと肌をかきたくなる症状が出たら要注意です。赤く腫れるなどした場合は使うのをすぐにやめましょう。
化粧ノリが悪くなる
このようなトラブルが化粧品を使い始めてから1~3日程度で現れると、化粧品が合わないサインです。
ただし、自身の体調や肌の極度の乾燥による反応の場合もあるので2,3日は様子を見ても良い場合もあります。

肌の状態が改善しない場合には使用を中止して、しばらくお肌を休めましょう。

症状がひどい場合にはすぐに皮膚科などの専門医に診察してもらって下さい。
そのままにしておくと、悪化するだけでなく以前使っていたものも合わなくなってしまうこともあります。

また、肌に合わなかった化粧品はメーカーによっては返品できることがあるので、お客様相談室で相談すると良いでしょう。

 

肌荒れした時のスキンケアは「極力化粧品の使用を控えること」「シンプルな保湿ケアをすること」がポイントです。

なるべく刺激を与えないように、洗顔もぬるま湯ですすぎ洗いをするか、低刺激な洗顔料で優しく洗いましょう。
その後は成分がシンプルな乳液や保湿クリームを馴染ませます。
ニキビが気になるという人は保湿美容液でもいいですね。

中でもセラミドは外部の刺激から肌を保護する働きがあるので、配合されているものがおすすめです。

化粧水ですが、肌荒れがひどいと沁みる場合があるので使用しなくて大丈夫です。
どうしても使用したい場合は成分がシンプルなものを選んで使うようにして下さい。
それでも3日以上効果が無い場合は皮膚科へ受診しましょう。

できればメイクもしない方が良いのですが、女性は中々そういうわけにはいきませんよね。
なので肌に優しい日焼け止めとフェイスパウダーで仕上げたり、パウダーファンデにしたりとなるべ負担が軽くなるようにしてください。

関連記事

  1. 肌のくすみ対策のアンチエイジング

  2. 化粧品を朝と夜使い分け

    基礎化粧品は朝と夜を使い分けは必要なの?

  3. あごニキビなど口周りにできたニキビを消す方法

  4. 敏感肌の洗顔とケア対策について

  5. 基礎化粧品の値段や使った時の効果

  6. エイジングケアの有効成分とは?