毛穴の黒ずみを消す方法

061

毛穴の黒ずみの原因は大きく分けて3つあります。

特に気になるのは、目立ちやすい「鼻」ではないでしょうか?黒ずみの原因はそれぞれ別なので、それぞれの原因に合ったケアをすれば、毛穴の黒ずみとおさらばできますよ!

まず1つめ、「毛穴の詰まり」が原因で黒く見える場合。
毛穴に詰まった汚れが角栓となり、黒ずんで見えます。

この角栓とは、古い角質と日々溜まるほこりなどの汚れが混ざり合って
酸化したもので、鼻を触ってみてザラザラとした感触があった方は、
毛穴の詰まりによって毛穴が黒く見えている可能性が高いです。

角栓ができるとその分毛穴は広がりますので、毛穴自体が大きく見えている状態で、
開いた部分が黒く見えるという訳です。

毛穴に詰まった汚れをを取り除くには、正しい洗顔方法を学ぶことが大切。
あまりゴシゴシとこすらないように洗います。
手のひらでよく泡立てて泡で洗うようにします。
洗ったあとのスキンケア(化粧水を塗布して肌を引き締める等)も怠らないようにしましょう。

その2は、「うぶ毛」が原因で黒く見える場合です。
毛穴からうぶ毛が生えているので黒く見えてしまう訳で、
簡単に言えばこのうぶ毛を除去すればOK。

埋もれている毛を毛穴から引っ張り出して抜くと
逆に毛穴が広がる原因になってしまいますので、それは避けましょう。

あまりに濃くて気になる方は、できれば美容外科など
レーザー治療を施術してもらうようにします。
毛根から処理するので、悩みも一掃されるはずです。

最後の3つめは、「メラニン」が原因の黒ずみの場合です。
メラニンは色素沈着の元。日光を受けた皮膚の奥の細胞がメラニンを溜め込み、
時間をかけてシミとなって肌の表面に現れ、それが原因で黒く見えているのです。

メラニンによる毛穴の黒ずみには、メラニンの生成を沈静化することと美白が有効的です。
鼻は顔のどの部分よりも上に出ているので、日光などからの刺激を受けやすいため、
外出時には日焼け止めを塗る、保湿をしっかりする、などの対策が効果てきめんです。

そのほか、毛穴の黒ずみには「正しい生活習慣を身に付ける」
「睡眠時間をたっぷり取る」など、内側から根本的に改善していく必要もあります。

関連記事

  1. 旅行用トライアルセットの選び方

  2. オイリー肌に合う化粧品

  3. ニキビ跡を消す?基礎化粧品やニキビ跡対策

  4. 肌のたるみをカバーするアンチエイジング

  5. 合成界面活性剤を使っていない基礎化粧品

  6. シミ・そばかすを隠すにはどうしたらいいの?